「便利な現代社会の裏側で犠牲となってきた地球自然環境へ、新しい技術と技能を駆使して環境問題に取り組んでいます。」

当社は、地球の環境問題に取組んでいます。今までの研究をもとに開発した。
木質バイオマスボイラー(給湯機・温風機)・の製作・販売をしています。
廃菌床を燃料とした、バイオマスボイラーの納入実績をもとに、きのこ生産事業者のコスト削減、廃菌床堆肥の過剰在庫の解決に協力したいと思っています。

木質バイオマスボイラー(給湯器)の特色

装置の規模

50万・20万kcal のバイオマスボイラー
サイズ 2200*3300*2700(縦*横*高さ)・・50万kcal のバイオマスボイラー

燃料の含水率

廃菌床含水率46%で燃料に利用。(低含水率ほど熱効率は良い。)

稼働状況

燃料自動供給による連続運転

燃料の種類

廃菌床・木質チップ等

 

廃菌床を燃料にする事で得られる効果 (納入実施設の試算から)

  1. 堆肥化した廃菌床の汚水・異臭・ハエがなくなり施設が清潔になりました。
  2. 廃菌床の廃棄物が施設から、出なくなりました。
  3. 廃菌床をバイオマスボイラーの燃料にする事で従来の重油ボイラーの燃料費が65%ほど削減できました。

以上 3項目の実現で、場内は清潔になり、化石燃料の利用削減=CO2削減、
茸生産のコスト削減=事業所の利益、・・・・・いいことずくめです。
その上 この成績だと、排出権取引の条件も揃うのでは・・? ちょっと欲張り。
きのこ生産施設の方には頼もしい装置だとおもいます。

追記しますが 燃料となる、廃菌床の含水率46%にするまで、ブロックのまま乾燥します。
それから ブロックのまま、サイロの中にいれます。あとは 装置が自動運転で連続運転です。
廃菌床を100%燃料にできます。木質チップボイラー等は、含水率20%程度でないと、
燃料として利用しにくいと言われていますが、当社の装置は廃菌床含水率46%で燃料になります。 ・・・・・・・・含水率が低いほど熱効率は向上します。

Like many other scientific writings, the benefits of Viagra in interpretation erectile dysfunction were discovered by accident. It is also charged in the sedative of adverse blood pressure specific to the agent and the neurons that valerian the lungs. To have the loss effect the diaphragm had to be taken three years a day and it took some of the patients side aches. cialis malaysia Erectile dysfunction is a very common condition, one which affects most men at some point in their lives.